読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナルシナリオ集:クトゥルフ神話TRPGシナリオ「隣にいるのは…」

シナリオ集 クトゥルフ神話TRPG

今回紹介するシナリオは,探索者2人用の短編シナリオです.

GMを含めても3人いればプレイすることができる珍しい構成のシナリオで,時間も短く非常にお手軽なシナリオとなっています.

ただし,プレイヤーが少ない分,自分で判断しなければいけない部分が多いということ,シナリオ展開によってはPVPが発生する可能性もあることから,ある程度クトゥルフ神話TRPGに慣れた人向けとなっています.

あまり技能を使う場面は用意していないので,各自,目星などを振らせたり,部屋を追加したりしてアレンジしてみるのもありかもしれません.

 

※シナリオ使用に関して

シナリオを使用するのに,特に許可や報告は必要ないです.

バンバン使っちゃって構いませんし,改変も自由です.

 

ただ,使用報告をコメントでしてもらうともれなくamidaのモチベが上がります.

 

 

クトゥルフ神話TRPGシナリオ

『隣にいるのは…』

プレイ人数:2人

プレイ時間:2~3時間

※2人用シナリオ
シナリオを円滑に進めるため、
それぞれの探索者がKPに対し、もう一人の探索者に
対し内容が分からないように相談することが出来るように
するのが望ましい。

1.シナリオ概要
目を覚ますと、知らない部屋だった。
部屋にいるのは二人。
首には爆弾付きの首輪
二人は無事に生還することができるのか?


真相
言ってしまえばニャルラトホテプの悪ふざけ。
探索者二人の夢に干渉して遊んでた。
ただそれだけ。

2.シナリオ

①目を覚ます。
探索者Aと探索者Bは二人とも知らない部屋で目を覚ます。
目を覚ます前の記憶は曖昧である。
持ち物は何ももっておらず、服装は入院患者のような服である。
この状況に置かれたことによるSANチェック(0/1d3)
両者共に謎の首輪を付けており、外そうとしても取れない。
首輪の色はそれぞれAは緑、Bは青である。
首輪には小さい鍵穴が付いている。(鍵開け不可)

②封筒
部屋には扉とテーブルがある。
テーブルの上には大きめの封筒が一つだけ置いてある。
封筒には「さいしょによむこと」と書かれている。
中には一枚の紙と二つの封筒が入っている。
紙に書かれていること。


「あなたたちはとらわれのみです
 がんばってなぞをといてだっしゅつしてください
 くびわがはずれたらでぐちをとおれます
 くびわはじかんがきたらあなたたちをころします
 あなたたちがまちがってもころします
 むりやりはずそうとしてもころします
 くびわをつけたままでぐちをとおってもころします
 まずはじぶんのふうとうをあけてよむこと
 
 ちゅうい
 あいてのふうとうのなかみをよんじゃだめです
 しにます」

二つの封筒にはそれぞれの探索者の名前が書かれている。
探索者Aの封筒
「①あおいくびわのはずしかた
 ・みどりのくびわのひとがしぬ
 ・あおいかぎでくびわのかぎをあける
 のどちらかをしたらあおいくびわははずれます

 ②きんこのぱすわーど
  4623

 ③となりのへやにいるおんなのこのしょうたいはばけものです
  かのじょがいきているとだっしゅつするときとてもこわいめにあいます
  あかいぼたんをおすとかのじょはしにます
 ちゅうい
 ③のないようはひとにおしえてはいけません
 おしえたらふたりともしにます」

探索者Bの封筒
「(上部に破られた跡がある)
  ②せいげんじかんはさんじかんです
  じかんはとなりのへやのとけいでかくにんしてください
  
 ③あんごうのひんと
  『原→+1
   デモ→-3
   具→-1』
 
 ④みどりのくびわについて
  ・たべものをたべる
  ・みどりのくびわのかぎあなにみどりのかぎをさす
  のどちらかひとつでもみどりのくびわのひとがすると
  みどりのくびわのひとがしにます
  ⑤あかいぼたんをおすとあかいくびわをしているひとがしにます

 ちゅうい
 ④と⑤のないようはひとにおしえてはいけません
 おしえたらふたりともしにます」

③隣の部屋
扉にもし聞き耳をしたなら、中から人の気配がする。
隣の部屋に入ると、女の子が一人立っている。
彼女は赤い首輪をしており、探索者と同じ格好をしている。
(この少女はニャル様の作り出した人形である)
彼女はナナコと名乗る。
彼女は幼いため自分の置かれた状況についてもあまり理解していない。
気が付いたらこの部屋に寝かされていたと語る。

部屋にあるもの
・ベッド
少女が寝かされていたと思われるベッド
枕元に目覚まし時計が置かれており、3時間後にアラームが
セットされている。
・金庫
部屋の真ん中に大きくて頑丈そうな金庫がある。
少なくとも道具も無しに破るのは不可能である。
特殊なダイヤル式の錠でロックされているため
鍵明けで開けるのは不可能。
右4→左6→左2→右3
でロックが解除できる。
金庫の中には赤いボタンと小箱が入っている。
小箱には青い錠前が付いており、青い鍵で開けることが出来る。
小箱を振っても音はしない。
小箱の中にはメモの切れ端が入っており、
「①みどりのくびわのはずしかた
  ・あおいくびわのひとがしぬ
  ・しろいかぎでくびわのかぎをあける
  のどちらかをしたらみどりのくびわははずれます」
・奥の扉
『でぐち』と書かれたプレートがかけられている。
白色の錠前が付いている。
白色の鍵で開けることが出来る。

・キッチン
一般的な食器類や調理器具、冷蔵庫が揃っており、コンロも使える。
コンロの上には鍋が置いてあり、おいしそうなカレーが入っている。(量は1.5人前くらい)
カレーを食べるか、別の器に移すかして鍋を空にすると、白い鍵が
鍋の底に貼り付けられているのを見つける。
冷蔵庫の中には牛と豚と鶏の生首が入っている。中を見てしまったらSANチェック(0/1d3)

・本棚
本棚を調べると、二枚のメモを見つける。

メモの内容
「もぐはでらはでらもぐ」

「 あかいくびわのはずしかた
 ・あかいかぎでくびわのかぎをあける

  だけです
  あかいかぎはひとつしかないからたいせつに」

・クローゼット
開けると、二人の人間の死体が転がり出てくる。
この死体は頭と体が分断されている。(0/1d4)
死体をよく調べると首輪の内側から刃がギロチンのように
せり出し、首が切断されているのだと分かる。
イデアに成功すると、彼らも自分達と同じ状況で死んだのだと
考えてしまい、0/1d3のSANチェック

・テーブルとイス
テーブルと3人分のイスが置かれている。
テーブルの上には小箱が置かれている。
小箱は振るとカラカラという金属音がする。
小箱には白い錠前が付いている。
白い鍵で開けることが出来、中には青い鍵と緑色の鍵と赤色の鍵が入っている。
ただし、赤色の鍵は真っ二つに折れているうえ先も変形しており、使用できない。


④脱出
青い首輪は青い鍵を使うかもう一人の探索者が死んだら、
緑の首輪は白い鍵を使うかもう一人の探索者が死んだら
外れる。
ナナコは赤いボタンを押すと、首輪が発動し、首が切断されて死亡する。
(目撃したら0/1d6、ボタンを押した張本人は1/1d6+1)

青い首輪が発動する条件
・3時間経過する(時間切れまで待つなどの選択をしたとき以外は適用しない)
・最初のメモの禁則事項を伝える
・首輪を付けたまま出口を出る

緑の首輪が発動する条件
青い首輪が発動する条件+
・食べ物を口にする。
・緑色の鍵を首輪の鍵穴に差し込む

首輪を外していれば出口から出られる。
出口の先はひたすら一本道の通路となっている。

Aルート
ナナコが死亡している場合
通路を歩いていく途中、後ろからナナコの「待ってー」という
声が聞こえる。後ろを振り向くと「うまいことやりやがって」
という声と共にナナコは一瞬おぞましいものの影を見せた後消える。
1d6/1d20のSANチェック。振り向かなければ、声だけ聞くので0/1d4

Bルート
ナナコが生存している場合
通路を歩いていくと、ナナコが急に豹変し、「お人よしめ」と呟いて
笑ったかと思うと、ナナコの体がドロドロに溶け、ニャルラトホテプ
となる。
『背が高く、痩せていて古代エジプトのファラオのように若々しい
 顔をしており、華やかな虹色のローブをまとって、頭にはそれ
 独自の光で輝く黄金の冠を被せている。それは我々の常識で
 はかりしれるものでは到底ないし、その存在を理解することなど
 不可能であろうというのが直感で分かるような、あまりにも強大である
 存在であった。』
1d10/1d100のSANチェック

どちらのルートでも、生存して脱出できれば、そのまま意識を
失って、自分の部屋のベッドの上で目覚める。
もし死亡していれば目を覚まさず、脳死の状態となる。

シナリオクリア

報酬
悪夢からの脱出 1d6
二人とも生存  1d6